シミ 薄くするには

シミ 薄くするには?

シミを薄くするにはどうしたらいいの?とお悩みの方に、シミを薄くする効果のある化粧品をランキング形式でご紹介。さまざまなコスメサイトや美容雑誌、通販でもとにかく売れまくっている話題の商品を厳選してご紹介します。

シミを薄くする化粧品ランキング

シミを薄くする化粧品をご紹介!

 

⇒POLA ホワイトショット公式サイト

 

発売以来爆発的ヒットで@コスメなどでも話題のホワイトショット。信頼度の高いPOLAメーカーが発売しているのは嬉しいポイントですね。
ホワイトショットはなんといっても公式サイトからの購入が断然お得になります。公式サイトからだと送料無料毎回新商品のサンプルがもらえるので、楽天やamazonなどから購入するよりもお得です。入会費や会費も一切無料のweb会員に登録しておけば、一度購入した商品の履歴をスクラップブックのように確認することができたりとかなり便利。メールでWEB会員限定のお得な情報も手に入れることができます。

 

朝晩使用しても約3ヶ月くらい使えるので、コストパフォーマンスは良い商品といえます。

 

 

 

美白ケア(本製品2)

⇒ビーグレン 公式サイト

 

知る人ぞ知る、リピーターの多いことで知られる『b/glen(ビーグレン』。独自の漂白成分QuSome化ハイドロキノンという成分を配合しています。シミを予防するというよりも、今あるシミを薄くする効果があるという点ではかなり期待が持てます。本体価格は高めですが、7日間トライアルセットがある、365日返金保証がある、送料無料、代引無料ということで気軽にお試しできるのが最大のおすすめポイントです。

 

 

⇒Grace&Lucere メビウス製薬公式サイト

 

顔全体にマッサージしながら使えるオールインワンゲルタイプの美白化粧品として、@コスメでも高評価のSIMIUS。

医学雑誌にも掲載された実績をもつ薬用美白化粧品です。1つで化粧水・乳液・クリーム・美白・マッサージ・美容液と6つの効果を発揮。30日間全額返金保証がついているので試してみて損はないですね。

シミを薄くする方法

シミを薄くするには?

 

シミは日焼けしたからといってすぐに肌にでてくるものではありません。かといって安心は禁物。今出てきているシミはずいぶん前に肌に浴びた紫外線が出てきているということですから。

 

シミは紫外線を浴びたからでてくるという単純なものでもなく、当然個人差もありますしでてくるスピードも違います。また、日常の生活をどのように過ごしているかによってかなり大差がつくものでもあります。

 

シミの原因というのは、表皮の奥深くにある『メラノサイト』という色素を形成する細胞でつくられたメラニン色素が皮膚の表面に沈着すること。

 

肌はやはり年を重ねるにつれて老化してきます。でもきちんとシミ対策のケアをすることでそのスピードを遅らせたり、出てこなくさせることも可能。肌はとっても正直なので、ホルモンの状態の悪化や乾燥、日々のストレス、睡眠不足によってもシミがでてくることもあるんですよ。気づいた今からでも遅くはありません。今、始めることが大切!

 

 

 

 

シミを薄くする食事方法

シミを薄くするには、日々の食生活も大切。ここでは、シミを消したい!という人におすすめの、ズバリ『美白のための食事』の仕方についてご紹介していきます。

 

まず、シミに効く成分と、その成分を多く含む食材を並べてみると・・・

 

ビタミンC・・・赤ピーマン、黄色ピーマン、パセリ、芽キャベツ、ケールなど

 

ビタミンB2・・ほし海苔、豚レバー、脱脂粉乳、アーモンド、キャビアなど

 

L-システイン・・肌の新陳代謝を促す成分。大豆、はちみつなど

 

リコピン・・・トマト、ピーマンなど

 

アスタキサンチン・・鮭、いくらなど

 

エラグ酸・・ベリー類に多く含まれる

 

 

 

シミを薄くする、作らない習慣

シミを薄くするには、というよりも、いまあるシミや、肌の奥にひそんでいるいわば「シミの予備軍」をこれ以上外に出さないようにするためには、やはり予防が大切です。

 

その予防には、日々の習慣が何より不可欠。家の中でも日焼け止めクリームや下地を塗るのはもはや常識ですね。面倒なことこそ、やはり毎日きちんとしている人は、数年後や数十年後に必ず肌の状態の違いが歴然としてきます。

 

また、家の中はもちろん車の中での移動はかなり日焼けする危険が高い場所。面倒でも、あつくても、腕カバーをしたりサングラスをする、こまめに行うことが一番大切です。移動するときは日傘(いつでもどこでも邪魔にならない晴雨兼用日傘がおすすめ)をさして、やはりサングラスがおすすめ。目からはいる紫外線もメラニンをつくるといわれています。

 

くもりだから今日はたいしてやけないよね、と日焼けどめをサボるのもまずいです。また、暑くなくても紫外線は降り注いでいるもの。一年中、なるべく肌の露出を控えて日焼けに気を配りましょう。もし焼けてしまったら、そのあとのケアが何より大切。クールダウンのために冷やしたタオルをあてて、いつもより長めのスキンケアを。化粧水でパックして肌を落ち着かせてくださいね。